2005年12月26日

かるたをやりたがる子が

かるたをやりたがる子がいて、一緒にやってみた。

何回かやっていると、同じようにやるのが飽きてきて、読むほうと並べるほうを反対にしてみることにしてみて

そしたら、なんとなく百人一首みたいな雰囲気になった。

なんとなく、だけど。

読み手は、一文字で済むから、すぐに参戦できるのだ。



【関連する記事】
posted by uemashi at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。