2005年12月29日

ほぼ1年間

ということで、ほぼ1年間続けた日記を本年を目途に終了します。

筆不精ってものはあんまり変わらないものなのかも知れないけれど、キーを打つスピードは上がるかも知れない。

まず、「F」と「J」に人差し指を置いて、もちろん左手が「F」で右手が「J」なのは言うまでもない。

この位置を基本にして、四本(計八本)の指を基本通りに使うようにするんだ。最初はやりにくいけれど、慣れてしまえばブラインドタッチも難しくなくなる。タイピストには当たり前のことでも、案外ちゃんとたたけない人が多い、何年もキーをたたいているのに。

何年、おそらく数十年キーを打つのだから、そう思う人は慣れた我流をちょっとだけ封印して基本の打ち方をマスターしてしまったら良いと思う。少し頑張れば、あと数十年は道路を覚えるようにすらすらとできると思う。

あとそれから、キーは軽くたたくほうがかっこいいような気がする。強くたたく癖がある人は、キーの上を8本指が歩くようにしてみたらどうだろう、知的に見られるかも。屈強な猛者が軽やかにしている姿を見てみたい。

アートソープ・ドットコムアートソープ・ドットコム
posted by uemashi at 00:00| Comment(38) | TrackBack(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

1ヶ月がたった場合

入金の督促をしているのは、労力がかかる。

後払いの場合、商品到着後1週間以内に入金をしていただくことになっているのだけれど、1週間を過ぎたら、1回目の入金確認メールを送信する。だいたいの方がこのあとすぐに入金をしてもらえる。

入金が確認できない場合、その2日後に再度メールを送信する。ほとんどの方がそのあとすぐに入金をしてもらえる。

それでも連絡がないときがあって、その場合は次の日か2日後に電話をすることになる。ほとんど電話をすることはないのだけれど、当人がいれば直接確認ができるので、ほぼ解決する。

家族の方がいるのだけれど、または留守電になっているときは、また当人からの連絡(と入金)を待つことになる。

この過程を経て1ヶ月がたった場合、手紙を郵送することになる。その内容はというと、入金の督促で、その後も何の連絡もないときには法的措置をとります、といった趣旨のことを記す。法的措置とは小額裁判のことで、もし裁判となったら、どちらにとっても労力を費やすことになるので、できればしたくないことなのは当然なのだけれど、だからといって放っておくわけにはいかないから、このような文面になってしまう。

小額裁判は、簡易裁判所で行われる。簡易裁判所で行われている内容は、ほとんどが金銭に関わることで、お金を払わないとか、払えないとか、そんなやりとりを裁判によって和解させることが実情のようだ。

裁判所は管轄があって、原告か被告のどちらかの管轄地ですることができる。だから、原告と被告の住所が遠いと大変なのだ。大阪から神奈川に来なければいけないとか、そんなことがおきる。もちろん交通費は自費だからお金もかかるのだ。

アートソープ・ドットコムアートソープ・ドットコム
posted by uemashi at 20:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

1件の支払い督促に関する

いよいよ年末、年の瀬も押し迫っている。

整理整頓をしているのだけれど、1件の支払い督促に関する作業がまだ残っている。

もう明日で本年の営業はストップするので、おそらく年内には完了しないのだろうか。

と思っていたのだけれど、自分がネットで買い物をした中に、ずいぶん長い間送金していなかったものがあったんだ、あらららら〜

はっきりしないことはなるだけ残さないで、新年を迎えたい。

アートソープ・ドットコムアートソープ・ドットコム

posted by uemashi at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 見聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。